ジコカイジ

self-disclosure‐‐‐乳がんのこと、仕事のこと、生き方のことを書いていくchisa/千祥のブログ。

独り言つ

突破口を探しに、自分から行くことにした【独り言つ】

春から夏にかけてずっと、お仕事ないですか?こんなことできます、と営業してみたりしていたのです。でも全然お仕事来なくて、特に夏のヒマさは異常。家族や友人から振ってもらったお仕事のみ。一番期待していたところからも来ずなぜ?と思っていたら、風の…

人の想像力は有限。だからがんサバイバーの話を聞いてくれませんか。

想像力は有限だと思い知った事件のこと。 かれこれ10年は経つだろうか、某有名海外ブランドの時計が配送途中で盗まれるという事件があった。盗まれた時計が数千万円もの超高額だったこと、そのような時計がいわゆる宅急便で配送されていることに私は驚いた。…

2018年9月、預言カフェ再訪。

今日、大雨の中、赤坂の預言カフェを再訪した。1年ぶりだ。 exgirlfriend.hatenablog.com 平日にもかかわらず、ほぼ満席。店内を見まわすと預言するスタッフ2名がフル活動中である。オーダーしたのは預言ブレンド850円也。注文するやいなや、預言してくれる…

仕事がないのはがんのせいじゃない。これまでの自分への通信簿だ。

弱音を吐くのはよくない。テレフォン人生相談の加藤諦三は、弱音を吐いたり、自分の不遇を嘆くのは、形を変えた攻撃性の表れだと言っていた。確かにそうだ。 8月頭に仕事してから、これまで全く仕事がない。営業したりしても、ない。だからこんな頻度でブロ…

有賀さつきさん、さくらももこさん、そしてUさんーーーがんであることをカミングアウトしないという選択。

Uさんのこと。 まず、Uさんのことを書かせてほしい。この8月でUさんが乳がんで逝ってから1年が経ったのだ。 Uさんはある難病を抱えていたところ、2011年に乳がんにも罹患。がんはすでに肝臓へ転移していた。もともとの難病とがん治療、2つの病を治療する生活…

見放されていると思う時こそ、自分で自分にしがみつく時。

8月が終わった。 この平成30年の夏。がん治療が終わって最初に迎えた夏だった。酷暑の夏で、ウイッグで過ごしている私には辛い夏だった。 ジャパンキャンサーフォーラムで登壇したり、テレビの取材も受けた。それがご縁でこのブログを読んでくれている方もい…

盗んだバイクで走り出したら大学院にたどり着いたけど、またがんになってしまって、やっと気が付いたこと。

YOUは何しに博士課程へ? ② そのトシでいまさらどうして?ってみんな聞くんだよなー。 みなさん、大学院に行くなんて凄いわねぇと言ってくださる。しかしそのあとに、この年齢になってお金を払ってまで勉強しようと思うなんて!と続く。しかし、それを言われ…

反響がありました

10年間音信が途絶えた人から電話がかかってくるくらいのインパクト 8月16日のテレビ朝日スーパーJチャンネル内で放映していただき、その後はテレ朝ニュースでの動画配信、ライブドアニュース、yahoo!ニュースへの転載など、ずいぶんと拡散したようだ。見てく…

がんサバイバーは体、心、社会的の順番に回復していく

がんと就労についてのスピーチに考えさせられた週末 8月11日(土)ジャパンキャンサーフォーラム内のイベント「がんサバイバーの声を聴こう!」に登壇した。講演者11名のうち、がんと就労のテーマで話してくれたのは5人。全員が復職や再就職を果たされている…

がん患者への励ましの多くは命令に近い。

驚きの励まし、さらに上には上が待ち受けていた。 昨年2度目の乳がんになり、心温まる応援、励ましをたくさんいただいたが、え?マジですか?っていう、度肝を抜くようなお言葉も多々いただいたのは、このひとつ前のブログで書いた。 exgirlfriend.hatenabl…

がん患者への励ましあるある

頑張って!のその先へ。 「がんサバイバーの声を聴こう!」終了。 ジャパンキャンサーフォーラム2018 がんサバイバーの声を聴こう!に登壇した。今回の演題は「頑張って!のその先へ。がん患者と共感するために」だ。スピーチの様子は撮影されており、のちに…

遺族ってけっこう寂しいんですよ。

今日も、妹の友人がお焼香に来てくれた。 亡くなった人の誕生日を祝うっていうのも、よく考えれば????なのだけど、折に触れて思い出しては、お焼香に来てくれる。 誕生日や命日に、お焼香に行きたいと言ってくれるのは、遺族としてはうれしい。なぜって…

亡き妹の誕生日に連想ゲームのように思い出すこと。

8月6日は妹の誕生日。毎年、近しい友人数人が、それぞれに我が家に寄ってくれる。この週末はバースデーケーキをいただいたり、今日は花を贈ってくれる方もいて、骨箱に納まる妹も喜んでいると思う。 いつもは毎朝、私がいれるお砂糖たっぷりの甘いカフェオレ…

絶望的な相談者はがんサバイバー/テレフォン人生相談

相談者は心が折れまくったがんサバイバー 相変わらずyoutubeでテレフォン人生相談を聴いている。最愛の大迫恵美子の回でまだ聴いていないものは、もうないようなのだが、かなり前のものが突然アップされることもあるので、根気強く警戒パトロール実施中であ…

銀座の父に言われたことがずっとひっかかっている。

22歳のときだったと思う。そのころ付き合い始めてまだ数か月の彼から突然別れたいと一方的に告げられ(またかよ)、毎日泣き暮らしていた。連絡も取れず、会ってもくれない。つまりそのまま逃げ切ることを目的としているのは明らかで、そうなったらこちらも…

2017年8月、預言カフェにて。

昨年8月、赤坂の預言カフェに行った。 プロテスタント系の教会が運営する預言カフェ。高田馬場店はいまでも連日込み合っているそうだけど、15時を回った赤坂店は静か。自家焙煎したコーヒーをオーダーし、キョロキョロしていると、お店の赤いエプロンをされ…

「雨ニモマケズ」という宣言文

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」という詩、色々なところで今も目にする。 「雨ニモマケズ風ニモマケズ」という一節を座右の銘として挙げる人も多い。 どういう意味で座右の銘に挙げているんだろう。 苦境に陥っても頑張って生きる、みたいな意味で使ってる人多い…

藁をもつかむ

2001年、最初の入院中、母が見舞いに来た。 手術には、来なくていいと言った。ただオロオロするだけなのは明らかだからだ。 入院前にも電話をかけてきて、なんでなんで私ばっかりこんな目に遭うのかしらと泣くのだ。こっちのほうが泣きたいのに、娘ががんな…

巻き込んだり巻き込まれたりしながら

もうすぐ手術から1年経つ。 手術からもうすぐ1年が経つのだからtime flies、時は飛ぶのだやはり。 去年の7月10日、永田町駅から救急車乗ったし。なんだか色んなことがあったな(汗) 治療中はなにもせず過ごすことができて有難かったのに、いまは何も予定が…

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ にほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 その他趣味ブログへ