ジコカイジ

self-disclosure‐‐‐乳がんのこと、仕事のこと、生き方のことを書いていくchisa/千祥のブログ。

ポルターガイストと暮らした日々

夏だから怖い話をするね。私は中学入学後すぐ、母方の祖父母と暮らすことになり、東京23区の端っこに、祖父母が用意していた家に移り住んだ。祖父母は大喜び……ではなかった。あまりいいスタートではなかった。 その後1年もたたないうちに祖父は老衰で亡くな…

人生には驚かされっぱなしだけど

すごく久しぶりにこのブログを書く。5月以降、驚くようなことがたくさん起こって、それをなんとか乗り越えようとしてきた。その間、がむしゃらにやるしかないのだけど、腹が立つやら飽きれるやら、感情が波立つこともたくさんあった。人の心ってわからないな…

思考を止める練習しよ。いつか敵対的依存心から脱却しよ。

ろくでもない思い出って、誰でもいっぱいあるじゃん。思い出したところで、なんの得にもならないじゃん。過去のことじゃん。もうそれ再現されないじゃん。過ぎたことじゃん。でも何度も何度も何度も何度も脳内再生して、その度に怒りも、悲しみも再生されて…

恋の季節でなくてよかった

コロナ禍、少々収まってきたような。でも北九州は第二派?っていうくらい、感染者数が盛り返してきたり、東京だって、このまま鎮静化するかはわからない。なのにステップ2へ進むとか、大丈夫なのだろうか。結局、ワクチン、治療薬が見つからない限り、密を…

心に治癒が起こるとき

アニメ映画「若おかみは小学生!」に衝撃を受け、心がずっとざわついている。ネタバレになってしまうので詳しくは書かないが、相当な問題作である。私が小学6年生12歳の主人公・おっこだったら、自殺するか、グレ散らかす。絶対に、あんな風に受け止めるこ…

池江璃花子さんへ/セルフヘルプ

先日NHKで彼女のインタビューを見た。元気になってみんなを力付けたい、それが私の使命と語っていた。そう思うのは、池江璃花子というスターアスリートだからではない。がんサバイバーなら誰でもそう思う、サバイバーあるあるだ。私ですらそう思った。 死へ…

理解しあえないところが似ている母娘

カーネーションを美しいと思うけれど、母の日は嫌いな私。カーネーションを贈ったことは生涯に一度しかない私だが、そういう頑固なところが、結局母に似ているのだと思う。 母は現在施設で暮らしている。いまのスタッフの皆さんはとてもよい方たちで、手厚い…

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ にほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 その他趣味ブログへ